理想の住まいを見つけよう!

家族が安心して暮らすためには、住宅選びが大きなテーマとなるでしょう。一軒家かマンションか、持ち家か賃貸か選択肢はいろいろとありますが、予算や目的に応じて最適な住宅を選んでいくことが大切になります。

住宅選びのポイント

  • 面積
  • 費用
  • 立地
  • 建物構造
  • 築年数
  • 間取り
  • 外観
  • 環境

憧れの一軒家~手が届きやすい中古一戸建てを購入しよう~

部屋

家族の要望に応える

生活の拠点となる住宅を選ぶときには、住む人の使い勝手の良さを考慮に入れることが大切です。間取りや面積、立地などいろいろな条件と照らし合わせて最適な物件を探していくことが大切です。そのために、家族でしっかりと話し合って計画的に準備を進めていきましょう。

男の人

場所の問題を考える

住宅は、間取りなどの中身のことも大切になりますが、どこに建っているかという立地の問題も重要になります。岡山であれば、中心部と郊外では利便性も大きく変わってくるはずです。通勤距離や、子供の学区などを頭に入れて、便利な立地にこだわって探していくようにしたいものです。

つみき

費用の悩み

家を購入するのであれば、費用が大きくなるのが悩みのタネというケースも多いです。とくに神奈川・藤沢など地価が高い人気のエリアで注文住宅を建てるとなると、かなりの予算が必要になります。無理のない資金計画を立てて購入していきましょう。中古一戸建てなら立地条件が良くても、比較的リーズナブルな費用で購入することができます。リフォーム済の物件であれば、築年数が古くても充分長く快適に暮らしていくことができるため、ニーズが高くなっているのです。岡山などの地方では、一軒家を購入したいという世帯は多く、中古一戸建てが人気となっています。

快適性アップのヒミツ

築数十年の中古一戸建てを購入する際は、リフォームの有無が大きな分かれ道となってきます。壁紙や水まわりだけでもリフォームしていくようにしたいものです。とくにキッチンやバス・トイレという水まわりは、カビや汚れが気になるところです。清潔に生活するためにも、クリーニングを徹底するか、リフォームで改善することをおすすめします。

中古住宅購入の流れ

リサーチ開始!

まずは場所を決めてから物件を探すようにするとスムーズです。相場もわかってきますし、できるだけ多くの物件情報を集めていきます。

見学へ

気になる物件が見つかったら、管理会社に連絡をして内見の予約をしましょう。設備や周辺環境のことも併せて確認しながら見学するようにします。

ピックアップ

いくつかの物件を内見した後に、最終的に希望の物件を選んでいくことになります。予算や家族計画に合うようなニーズに合致した物件を選んでいきましょう。

契約

契約の際は、値引き交渉をすることも忘れないようにしたいものです。また契約の前には、住宅ローンの審査などもありますので注意が必要です。